声優の養成所や学校を選ぶポイントは?

声優の養成所や学校を選ぶポイントは?

声優の養成所や学校にはいくつかのタイプがあります。それぞれ見ていきましょう。

 

声優プロダクションの経営、もしくは関係する養成所

一番声優に近い。声優のプロダクションが近いですから、優秀な成績で卒業すれば、仕事も与えてもらえやすい。めざせ期待の星。

 

放送局や制作会社の関係する養成所

自社の制作する番組に出演するチャンスはあるでしょう。ただ、声優として仕事を続けていくには、「声優プロダクションに所属する声優を押しのけてでも仕事をもらえる魅力」があるかどうかにかかってきます。

 

劇団の養成所

基本的には舞台俳優としての養成を目的としているので、声優の仕事につながるとは限りません。舞台に出演すれば、表現力が身につきます。また、出演舞台に関係者を呼べることもあり、そこから仕事につながることもあるでしょう。
気をつけたいポイントは、その劇団が劇団員の仕事のことまで考えてくれるかです。団長自らが役者の仕事等で忙しい劇団は、アナタへの仕事の斡旋までには手が回らないのが現状です。

 

芸能プロダクションが経営する養成所

声優の世界へのパイプがあるかどうかが鍵です。まだそういったプロダクションは一部の大手に限られているようです。

 

専門学校

2年という限られた時間で、プロ声優の実力を身につけるのは難しいです。卒業後、養成所に入る人も多いです。専門学校卒の資格が得られます。

 

 

いずれの声優の養成所や学校を選ぶにせよ、次の点は重要です。自分の目で見極めましょう。

  • 実績があるか?
  • 生徒たちの目が輝いているか?表情は生き生きしているか?(つまり、競争心が高い環境、高いレベルの授業ができているか)
  • 演技の基礎に重点を置いているか?

 

養成所や学校は慎重に選びましょう。しかし、素人目にはどの学校がいいか分かりません。
ぜひ、体験入学してみましょう。実際に指導を受けてみて、自分に向いているかどうか分かることができます。
体験入学は、春休みや夏休みに開催されることが多いようです。

 

養成所ジプシーはやめよう

一番良くないのは、入っては辞め、また別なところに入っては辞めの養成所ジプシーです。
費用の面でもマイナスなのはもちろんのこと、たくさんの養成所を経験すると、その場所独特の癖がたくさんついてしまいます。後で矯正が大変になります。

 

憧れの声優が所属してるプロダクション

憧れの声優が所属するプロダクションの養成所を受けるのも、一つの手です。わかりやすいですしね。声優を目指すモチベーションが上がります。

 

受験する前に、その養成所や学校が声優の仕事に有力なコネクションを持っているかどうか調べておこう。

生の現場を学べる場所がいちばん

 私達がテレビや映画館で見る作品は、音楽や効果音が付いた状態になっています。

 

 声優の現場はそうではありません。

 

 何も音のない動画や線画を見ながら、シーンとした環境で声を吹き込むのです。

 

 現在では、そんな環境が用意されている養成所が増えています。

 

 現場体験ができる。それが養成所選びの最大のポイントといえるでしょう。

 

 こちらの声優オーディションでは、環境の揃った養成所の情報も掲載されています。

 

 まずはサイト上で環境をチェックしましょう。

 

 もちろんそれだけでは不十分なので、資料請求したり、体験説明会に参加してみましょう。

 

 ただし、体験説明会については、同じ人があまり頻繁に参加すると、養成所の人には少し煙たがれてしまうことも。

 

 体験説明会に参加するからには、実際に入所するかはともかく、少なくとも入所の意思は持って臨みましょう。

今すぐ挑戦できる声優のお仕事・オーディション

声優への道を踏み出そうと思ったあなた。

 

オーディションプラスの声優オーディションには今すぐ挑戦できる声優のお仕事やオーディション情報がまとめられています。

 

このサイトを見ている人にそのような方はいないと思いますが、単なる力試し、思い出受験のような気持ちでオーディションに臨んではいけません。

 

良い作品を作ることに一生懸命になれる人、本気でプロの声優になりたい人。そういう方でないと受けても無駄になってしまいます。

 

テレビアニメ、声優事務所、声優養成所、朗読劇、ナレーターなどなど、あなたが目指す声優への第一歩がここにあります。

 

じっとしているだけでは夢はつかめません。本気で声優を目指す方はチャレンジしましょう!

 

 

 

page top