声優オーディションで履歴書の自己PRには何を書けばいい?

自己PRには何を書けばいい?

一般公募オーディションや事務所オーディションを受ける際に必要な自己PR。つぎのことに何を気をつけて書いてみましょう。

  • ”会ってみたいな”と思わせる。あまりに作為的になると、面接でバレる可能性があるので注意する。
  • 片面表示でなく両面表示。良い部分だけでなくダメな所を上手に表現する。ダメな自分すら魅力にしてしまうような書き方。
  • 自分の好きなもの、嫌いなもの、その理由を具体的に。
  • 趣味、自分が専門的に語れることに書く(中学・高校時代や日ごろの勉強がものをいう)
  • 自信の魅力をずうずうしいくらいに述べる。自分を売り込む。
  • 特技があれば盛り込む。楽器、歌、落語。面接で実演してしまおう。
  • 今とっても気になっていることについて書く。

これらをいろいろ組み合わせて書きまましょう。書き終わったら人に見てもらうことも大切です。

 

自己PRに遠慮はいらない。

今すぐ挑戦できる声優のお仕事・オーディション

声優への道を踏み出そうと思ったあなた。

 

オーディションプラスの声優オーディションには今すぐ挑戦できる声優のお仕事やオーディション情報がまとめられています。

 

このサイトを見ている人にそのような方はいないと思いますが、単なる力試し、思い出受験のような気持ちでオーディションに臨んではいけません。

 

良い作品を作ることに一生懸命になれる人、本気でプロの声優になりたい人。そういう方でないと受けても無駄になってしまいます。

 

テレビアニメ、声優事務所、声優養成所、朗読劇、ナレーターなどなど、あなたが目指す声優への第一歩がここにあります。

 

じっとしているだけでは夢はつかめません。本気で声優を目指す方はチャレンジしましょう!

 

 

 

page top