声優に必要な基礎力-立てる

立てる

伝えたい言葉を強調する。これを「立てる」といいます。

 

ある文章やセリフを詠むとき、息を吸い込んでから高い音域から話し始め、だんだんと低くなって話し終わります。これが一番自然は話し方で、相手に伝わりやすい話し方です。

 

相手に強調して伝えたい言葉があったときには、自然な流れに沿いながら、その部分を「立てる」ことで、相手の注意を引くことができます。

言葉を立てる方法
  • 伝えたい言葉を高くして、抑揚をつける
  • 伝えたい言葉をゆっくり話す
  • 伝えたい言葉の前や後に間をとる
  • 伝えたい言葉を強く発音する

 

伝えたい言葉を強調する(立てる)にはいくつかのパターンがある。

今すぐ挑戦できる声優のお仕事・オーディション

声優への道を踏み出そうと思ったあなた。

 

オーディションプラスの声優オーディションには今すぐ挑戦できる声優のお仕事やオーディション情報がまとめられています。

 

このサイトを見ている人にそのような方はいないと思いますが、単なる力試し、思い出受験のような気持ちでオーディションに臨んではいけません。

 

良い作品を作ることに一生懸命になれる人、本気でプロの声優になりたい人。そういう方でないと受けても無駄になってしまいます。

 

テレビアニメ、声優事務所、声優養成所、朗読劇、ナレーターなどなど、あなたが目指す声優への第一歩がここにあります。

 

じっとしているだけでは夢はつかめません。本気で声優を目指す方はチャレンジしましょう!

 

 

 

page top