声優に必要な基礎力-発声

発声

お腹から声を出しましょう。
声優は声を使う仕事です。無理にのどから声を出して、声帯を痛めてはいけません。

 

おへその下あたり、下腹の内側に力を入れて、胸から上の力を抜きます。
鼻から息を吸い、自分の周りで心地良く響いいているな、と思えるような声を出します。

 

この時、「アー」ではなく「マー」と発生するようにしましょう。
「アー」に比べて、「マー」は声を出す瞬間、声帯に掛かる負担が少ない音なので、発声練習には「マー」が向いています。
次に、遠くまで響くように、だんだんと声を大きくしていきます。決して無理をしてはいけません。大きな声が心地よく出るようになったら、声が震えない程度に長く伸ばしたり、短く切ったりしましょう。
1日10分くらいが目安です。毎日続けましょう。

 

発声の練習方法
  1. 鼻から吸った息を吐きながら、軽く「マー」と声を出す。これを何回か繰り返す。
  2. 次は大きな声を出す練習。1の声でだんだん大きくしていく。これを何回か繰り返す。
  3. 次は伸ばす練習。2の声で「マーーー」と長く伸ばす。これを何回か繰り返す。
  4. 次は切る練習。2の声で「マ、マ、マ、マ・・・」と切る。これを何回か繰り返す。

 

※声が震えるまで無理をせず、いずれも楽な状態でストップして、声帯を傷つけないようにする。

 

自宅で発声練習するには

休日も家で発声練習したい。でも、近所が気になって大声が出せない。
そんなときには次の方法をお試しください。

 

バスタオルを8つ折り、または16に折ります。
それを口に当てます。強く当てないようにしましょう。
これで防音対策はできます。

 

家でも発声練習しよう。簡単に出来る防音対策がある。

今すぐ挑戦できる声優のお仕事・オーディション

声優への道を踏み出そうと思ったあなた。

 

オーディションプラスの声優オーディションには今すぐ挑戦できる声優のお仕事やオーディション情報がまとめられています。

 

このサイトを見ている人にそのような方はいないと思いますが、単なる力試し、思い出受験のような気持ちでオーディションに臨んではいけません。

 

良い作品を作ることに一生懸命になれる人、本気でプロの声優になりたい人。そういう方でないと受けても無駄になってしまいます。

 

テレビアニメ、声優事務所、声優養成所、朗読劇、ナレーターなどなど、あなたが目指す声優への第一歩がここにあります。

 

じっとしているだけでは夢はつかめません。本気で声優を目指す方はチャレンジしましょう!

 

 

 

page top